漫画

平成の終わりに文集で昔をふり返った話

 

中学1年生から漫画を雑誌に投稿していましたが
友達や部活、楽しいことがたくさんある時期
たくさんの漫画を描くのは難しく
進路を決めなくてはいけなくなりました。

大学ではたくさんの学びと友人ができたので
行かせてもらってとても感謝しています。

建築でも漫画でもないところに就職したので
親不孝だなぁと思っていたんですが
漫画が載った雑誌を楽しそうに読んでくれたときに
気にしすぎだったな、親孝行できたかなと思いました。